はじめての注文住宅でも安心! 「建てた後」にも強い出雲市の工務店3選 » はじめて注文住宅を建てる前に » 注文住宅で失敗しない間取りの立て方は?

注文住宅で失敗しない間取りの立て方は?

注文住宅・間取りのアドバイス

一生に一度になるかもしれない注文住宅の新築。思いどおりの間取りにすることができる反面、実際に住み始めてから失敗に気づく方も多いようです。ここでは失敗しない間取りのつくり方をアドバイスします。

生活に即した考え方を

後悔や失敗をしないためには、ライフスタイルを正確に把握し、自分達の生活に即した間取りを考えることが良いといわれています。失敗しない間取りにするための具体策を「収納」「広さ」「騒音」別にご紹介していきます。

収納編

間取りの失敗ランキングでは上位になることの多い収納。広さや場所も大切ですが、そればかりに気を取られて使い始めてみると大失敗というパターンが多いようです。

使いやすく有効な収納は、実際にモノを出し入れするシーンをイメージして考えると失敗がありません。

広さ編

広さの失敗例は大きく分けると、広すぎる、狭すぎるというもの。

「憧れの広々リビングにしたのに、暖房も冷房も効率が悪い」といったケースや、「畳コーナーが欲しかったので4.5畳の和室にしたら、中途半端で客間にもならず物置になっている」といったケースもあります。

基準となる部屋の広さには、だいたいの目安があるようなので、設計士さんなど、プロの意見も参考にすると失敗がありません。

騒音編

キッチンの換気扇や家電の運転音、トイレの水流、子どもの足音…家の中にも多くの騒音があるものです。間取りにこだわりすぎて住み始めてから気づいても手遅れですが、毎日のことですから影響は大きいものです。

音の伝わり方に配慮した間取りかどうか、図面の段階で設計士さんに相談してみるなどすることで、失敗を無くしましょう。

子育てがしやすい家を建てるために

注文住宅をお考えの方には、お子さんがいらっしゃる方や、子育てをご希望する方も多いと思います。ここでは子育てを考えた間取りのポイントを解説していきます。

まずは基本の家事動線

子育てがしやすい家にするためには、家事をしながら子どもの見守りができる家事動線にすることが大切です。

家の中を長く移動すれば、それだけ子どもから目を離す時間が長くなり家事の効率も悪くなります。

そうならないために、朝起きてから夜寝るまでの自分の生活パターンをイメージしてプランを考えてみましょう。

収納をしっかりつくろう

収納動線も移動距離が長いと、子どもから目を離す時間が長くなります。便利な収納動線にするには、自分の行動パターンと収納しているシーンを思い浮かべてプランを考えてみましょう。

リビングに子ども用スペースを

リビングに子ども用スペースがあるだけで、子どもに目が届くので、親子どちらにも安心感があり、家事の時短にもつながります。

注文住宅で失敗をしないためには、家のスペックだけでなくアフターサポートにも強い工務店を選ぶようにしましょう。はじめての注文住宅でも安心!「建てた後」にも強い出雲市の工務店3選で、詳しくご紹介しています。

出雲市でおすすめの工務店は?

このサイトでは出雲市で注文住宅を建てる際におすすめの「アフターサービスに強い」工務店を3店ピックアップしています。ぜひ参考にしてみてください。

出雲市で注文住宅!
おすすめの工務店3選を見る

建てた後もずっと続く安心!出雲市の工務店3選

  • 10年後もあんしん
    未来基準のデザイン住宅

    ひろはうす
    ひろはうす施工事例
    引用元HP:http://www.hirohouse-koei.com/case
    ひろはうす公式HP
    出雲市平田町3200-4

    ひろはうす
    に資料請求する

  • セミナー&イベントで
    あんしんサポート

    キュービックホーム
    キュービックホーム施工事例
    引用元HP:https://www.qbic.jp/gallery-category/wamodern/
    キュービックホーム公式HP
    出雲市大津町701番7

    キュービックホーム
    に資料請求する

  • ずっと続くあんしんの
    保証オプション

    中央建設
    中央建設施工事例
    引用元HP:http://www.ckg.jp/case/popup25.html
    中央建設公式HP
    出雲市塩治善行町10-1

    中央建設
    に資料請求する